HOME入れ歯

入れ歯

従来のイメージを変える画期的な入れ歯があります。

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った方が歯を取り戻す方法には、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の主に3つがありますが、当院ではインプラントは行っておりません。
また土地柄、総入れ歯よりも部分入れ歯のご要望が多いので、ここでは部分入れ歯とブリッジについてご説明いたします。
総入れ歯をご希望の方は、お問い合わせください。

入れ歯のお悩みからそろそろ解放されませんか?

誰もが入れ歯をしていることを人に知られたくないものです。
また、入れ歯を使用されている方のなかには、「噛めない」「食べにくい」「話しにくい」「がたつく」「外れやすい」などのお悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃいます。

当院では、これらの入れ歯にまつわるお悩みを軽減する、新しいタイプの部分入れ歯やブリッジを提供しています。

しっかり噛んで味わえる喜びをあなたに!

しっかり噛んで味わえる喜びをあなたに!

ご相談が最も多い部分入れ歯について、当院がおすすめしているのは、大阪の中川歯科医院・中川瑛雄院長が開発したミラクルデンチャーです。

従来の部分入れ歯に比べ上顎を覆う部分が少なく、装着感・耐久性に優れ、しっかり噛めることで本来の食べものの味わいを取り戻すことができます。
また、外れにくいため会話の快適性も大きく改善されています。

ミラクルデンチャーはこんな方におすすめ

  • 現在使っている義歯で噛めなくて困っている方
  • 現在の義歯に違和感がありすぐに外してしまう方
  • 義歯を入れると支えている歯に痛みがある方
  • 何回義歯を使ってもなじめない方
  • 初めて義歯を入れるのに不安がある方

詳しくはミラクルデンチャーのホームページをご覧ください。

部分入れ歯、自費と保険治療ではどう違う?

当院では、一般的な保険扱いのプラスチックの入れ歯と、自費となる金属床の入れ歯も提供しております。
以下、費用が高い分、快適性に優れる金属床のメリットを簡単にご説明しておきます。

違和感が少ない

金属はプラスチックに比べ圧倒的に強度があるので、金属床は、薄くても丈夫な入れ歯を製作することができます。
当然薄い分、違和感も少なくなります。

しっかり噛めます

プラスチック床は強く噛むとたわんだり、使い続けるうちに少しずつ変形し、徐々に噛めなくなったりしますが、金属床は長期間、しっかりと安定した噛み心地を得られます。

温度を感じられます

上あご全体を覆う入れ歯では、プラスチック床の場合、口の中の温度を感じにくくなります。
熱伝導に優れる金属床なら、食べ物の温かさや冷たさを感じながら食事を楽しむことができます。

歯を最低限しか削らない注目のブリッジ

歯を最低限しか削らない注目のブリッジ

ブリッジは、保険適用で取り外しの手間がなくしっかり噛めるというメリットがある一方、土台となる歯にかかる負担が大きく、健康な歯を削る必要があるという大きなデメリットがありました。

当院では、支えとする歯をほとんど削らないことから残った歯に対するダメージを最小限にとどめられる「ヒューマンブリッジ」を提供しています。

自費治療となりますが、痛みもなく、基本的に麻酔なしで処置できます。少数の歯の欠損であれば幅広く対応することが可能です、お気軽にご相談ください。

みさきの歯科医院 インターネット予約